RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
家宝の日本刀
中学生の時に祖父に貰った日本刀
「トシノブは剣道をやっているから、息子でなく孫のお前に託す」
「これは、小島家の家宝として代々引き継いでいくんだぞ」
そんな言葉を残し2週間後に祖父は亡くなりました
今思えば虫の知らせだったのかも知れません……

そして現在その刀は、鞘はぼろぼろ、刀も錆で酷いありさま
このままでは家宝が残らないと考え
美術刀剣専門店に修理&鑑定を頼みに行ってきました

その結果
江戸時代に作られた刀と判明(驚)
一回柄部分を修理した跡があることが判明(期待)
無銘の刀でたいしたモノでないことが判明(落胆)
ちゃんと修理すると20万以上かかることが判明(死亡)

「新品買えちゃいますねw」と、言われる店主に
「いや、事情が事情なんで……値段じゃなくて修理したいです(泣)」
と話す私
「www分かりました。じゃあ安い研磨と白鞘で……」
ということで話がまとまりました

息子達よすまん!鞘の修理はお前らに託すので、後はヨロシク^^;
お父さんはおじいちゃんに、修理賃半分出せと申し立てに行くから……

出来上がるのは桜が咲く頃になりそうです
今から出来上がりが楽しみです



写真は一対の片方が無くなった目貫です、後家と言うそうです
修理した刀には新しい目貫がついてきます^^

 
author:小島トシノブ, category:-, 17:00
comments(4), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:00
-, -
Comment
さなえさん。お父上にお伝え下さい^^トシノブが一族に引き継ぎますと……
小島, 2013/12/26 12:48 PM
たかやま先輩おひさしぶりです^^
そうですよね、20万以上の価値ありますよね(泣)大事にしたいと思います
小島, 2013/12/26 12:44 PM
そんなのあったんだ!すごいね。そりゃあ、とっくんに託すよね。
さなえ, 2013/12/21 6:33 PM
おお、これは素晴らしい。ええ話や!!
きっと20万以上の価値のあることが待っているはず。(50年スパンくらいでw)
いい判断だったと思うし、ちょっと羨ましいです。
たかやま, 2013/12/19 4:55 PM









Trackback
url: http://nondesign.jugem.jp/trackback/275