RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
韓国での翻訳出版

以前お仕事させていただいた本が
韓国で翻訳出版されることになりました




韓国で販売する権利を、日本の出版社から買い取り販売する
その場合、中味の権利だけでなく
外回り(装丁)の権利も買い取り販売するのですが

ここらへんがまさしくグレーゾーンでして
向こうサイドとしては
(カバーデザイン使っても良いよね。もちろんタダだよね)

と、いうふうに思っているらしい
もしくは確信犯的に『あわよくば』と思っているらしい

私の過去の翻訳出版事例をひもとくと
一冊2万円というお話が4〜5回
お支払い無しということで決裂
装丁流用を許可しなかったことが1回ありました

今回はどうなるのでしょうか?
金額の問題じゃないんですよ
タダで使えると思われるのが嫌なんです

個人的には菓子折り一個でもいいんです

ただし有名デパートの甘いもの限定で……



author:小島トシノブ, category:装丁, 13:44
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:44
-, -
Comment









Trackback
url: http://nondesign.jugem.jp/trackback/250