RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
必要カモ
毎週視ているドラマがあります

『鴨、京都へ行く。〜老舗旅館の女将日記〜』

ここの老舗旅館の従業員が、みんな職人!って感じで好きなドラマです

「関係する人の事を全て考える。それが職人さん」
と、なにかで読んだ記憶があるですが

自分に置き換えてみると
●買う人の事を考える
「読者はどういう本を買うのだろう?」
●売る人の事を考える
「店員はどういう本を売りたいと思うのだろう?」
●流通させる人の事を考える
「取次はどういう本を好むのだろう?」
●印刷する人の事を考える
「印刷所が好む入稿データとはどういうのなのだろう?」
●編集する人の事を考える
「編集者はどんな本を作りたいのだろう」

ブックデザイナー?装丁家?は職人か否か?
どっちかわかりませんが、こういった視点も必要カモ 

author:小島トシノブ, category:装丁, 11:15
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:15
-, -
Comment









Trackback
url: http://nondesign.jugem.jp/trackback/245