RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
高円宮杯
 
高円宮杯第21回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会【決勝戦】

「サンフレッチェ広島F.Cユース」VS「 FC東京U-18」
の試合を見に、埼玉スタジアムに行って来ました



高円宮杯(たかまどみやはい)とは高校生年代の日本一を決める大会
言うなればこの大会で活躍する人が、来年のJ リーガーになるという
青田刈り的、お披露目、お楽しみ大会です

ちなみに去年の決勝戦で活躍した「小野裕二」選手は、現在横浜マリノスで活躍中です!

もちろん私は地元東京を応援しました
結果は残念ながら2-1で負けてしまいましたが
会場には沢山の高校生が来ていたし

普段とは違いガラガラの埼スタだしで
Jリーグとはまた違った楽しみ方が出来ました



一緒に行った息子などは「俺は数年後この大会に出る!」などと
壮大な夢を語り出し、ある意味怖いモノ無しの年代って、いいなぁと思ったりと
楽しい休日を過ごす事ができました


author:小島トシノブ, category:サッカー, 15:03
comments(0), trackbacks(0)
祝 岡田ジャパン

種牡馬8年周期理論って知っていますか?
種牡馬の好調期は8年の周期があるというもの、人間も同じだと考えると
8歳、16歳、24歳、32歳、40歳………に好調な時期が来ると考えられます

昨日の日本カメルーン

くしくも得点を決めた「本田圭佑」は、カメルーン戦前日24歳の誕生日を迎えています
ちなみにバー直撃のおしいシュートを放った「岡崎慎司」24歳
カメルーン代表の最多得点記録保持者でもある「エトオ」に仕事をさせなかった「長友佑都」
9月に24歳になります

ちなみに32歳「中澤佑二」「中村俊輔」の二人です
「中澤」は体を張ってよく相手の攻撃を防ぎました、
「俊輔」も出たらきっと活躍をしてくれることでしょう

とにかく、ワールドカップでのアウェー初勝ち点獲得、おめでとうございます
この勢いで、オランダもデンマークもやっちゃってください!

8年前の感動を再び!!!



author:小島トシノブ, category:サッカー, 16:02
comments(0), trackbacks(0)
勝てません
え〜、ガンバが勝てません
4月9日現在のJリーグで、下から2番目です
5節終了して、1回も勝ててません(泣)
ええ、1回も……

浦和な編集者に慰められました
「大丈夫ですよ、ウチなんて8連敗がありましたから、ははは……は」
ええ、そうです、慰めになってません

求む!点の取れるフォワード!!
固いディフェンダー!!
今ならば、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)に出れますよ!
大阪名物お好み焼きたこ焼き、スポンサーである「でん」の焼き肉などが食べられますよ!

ほんと、ほんとーに、頼みますよ(^。^;)

日本代表も同様!!!


author:小島トシノブ, category:サッカー, 18:50
comments(0), trackbacks(0)
プロ

私には気になる同年齢の有名人が二人いて、
一人が「スラムダンク」井上雄彦氏、
そしてもう一人がプロサッカー選手
「キング・カズ」
こと三浦知良氏なんですが、

先日のNHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」のゲストが
なんとそのキング・カズ!
こりゃあ見るしかないでしょう

たった15歳でブラジルに渡り、その行きの飛行機の中で寂しさに涙したカズ
華々しいJリーグデビューの後、常にスター街道を走り数々の栄光を手にしたカズ
最後の最後でワールドカップメンバーから落選、苦い挫折を経験したカズ
30歳にして“誰も知らない世界へ向かって”、移籍したカズ

そして、43歳の今も現役で
『次のワールドカップを目指す』
ため、己を鍛え続けるカズ。

「試合でいいプレーをするためには、何かで苦しまなければ楽しみは得られない
物事いいかげんにやったら全然楽しくないし、何でも真剣にやるから楽しい
と言ってはばからない彼は
「自分を必要としてくれるなら、どこのカテゴリーのチームでも間違いなくいきます」
とも言っています
彼ほどのキャリアならば引く手あまたで、選手以外のサッカー関係の仕事につけるし、
その方がお金も稼げるにもかかわらず……


一度あれだけの実績を残した選手が、なかなか言える台詞ではないですよね
本当にサッカーをやる事が好きでないと無理だなと思いました

“あと一歩だけ、前に進もう”
足掻き続ける老兵を揶揄する人もいるでしょうが、
私は心底尊敬しますし

真のプロフェッショナルだなとも思っています

自分もカズを見習って、
“誰も知らない世界へ向かっていく勇気”を持っていきたいと思います

ところで、もし、もしも、
いや、そんなコトはないですし、想像したくもないのですが
彼が引退し、(いや、絶対そんなコトないですけどね)
それまでにワールドカップに出られてなくて、(出られるに決まってますが)
日本代表監督として初出場したら(初出場なわけないですけど)

そんときは俺、号泣します……たぶん。





author:小島トシノブ, category:サッカー, 14:28
comments(0), trackbacks(0)
進歩

バンクーバーオリンピックで上村愛子さんが4位になりました
彼女は前回のオリンピックで、
これまでの集大成ともいえる高難度のエアーを見せてくれましたが
結果は6位

「どうやったら表彰台にのぼれるのか?」

彼女は自問し、
それまでの積み上げてきたスキルを一旦すべてさらにして
勝てる体に作り直しました
そして見事、日本人モーグル選手として初めてのFISワールドカップ年間総合女王の座を掴みました
本当にすごい人だと感心します
それゆえ、今回のオリンピックの結果は残念でなりません
でも一歩一歩と表彰台に近づいている感じがして、この先も楽しみです


さて、サッカー日本代表
先日の東アジア大会で韓国3−1と負けましたが
こちらは反対に、今までの積み重ねを捨てることができずに
毎回同じ失敗を繰り返しているように感じます
「ゴール前での怖さがない!」方々で言われていることですが本当にそう思います
サイドからの攻撃一辺倒で、真ん中に入って行けてない
相手にとっては守りやすい攻撃パターンだと思います
いくら正確に精度を上げてサイドでボールをキープしても
最終的には真ん中に入ってくるもの
守るほうはそこだけを抑えればよいのですから簡単です
もっと真ん中で勝負しないとダメだと思います
もっとシュートを打たないとダメだと思います
進歩が見えないということは応援するサポーターも辛いです



author:小島トシノブ, category:サッカー, 18:13
comments(0), trackbacks(0)
初夢
遅ればせながら
新年明けましておめでとうございます

前厄、本厄、後厄と終わり、やっと厄男から抜け出せたので
今年はきっと良い事あるぞ〜!と思ってたら、早速プライベートで良い事ありましたよw
幸先の良いスタートです!

さて新年
さっそく初夢を見ました

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
サッカー日本代表としてイタリア代表とワールドカップを戦っている私
しかもキーパーとして
そしてなぜかコーナーキックも蹴る事に
ゴール前には中澤、闘莉王、そして中村俊輔
蹴る直前、中村と目が合う私、蹴ったボールは弧を描き中村の頭に
会心の決勝GOAL!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

そこで目が覚めました
心臓がバクバクいってました
なんて都合の良い夢なんでしょうか(笑)

やっぱり今年は良い事ありそうです
本年も「NONdesign」をどうぞ宜しくお願いいたします
author:小島トシノブ, category:サッカー, 17:13
comments(0), trackbacks(0)
中年フットサル
先日夢の島でフットサルマスターズ(オーバー35、40、45)の試合に参加しました
我がチームからは8名の危険な中年が参加
ですが。。。。
いい年して、若者に交じって、玉蹴りをする大人は少ないのでしょうか?
3チームしか集まりませんでした……

ウチのチームの平均年齢は42才(最年長51才)、他2チームは38才と、
ウチのみカテゴリーが違う構成で体力的に不利に思えました。。。が

優勝という結果を残す事ができました

さらにフレンドリーマッチとして、スーパービギナー大会(マスターズよりも若い人向け)の2位チームとの試合が組まれ
なんと、そこにも勝ってしまいました!
そしてとうとう1位チームとの試合
接戦でしたが、1-0負けてしまいました

日頃のストレスを思う存分ボールにぶつけることができたのが勝ち進めた原因だったと思います
でも本当の勝因は、ウチだけオーバー40だったので……
ハンデとして他のチームより一人多くフィールドに……
次回も頑張りたいと思います

でも四日たった今も
ちょいと腰が痛いです……
author:小島トシノブ, category:サッカー, 16:16
comments(1), trackbacks(0)
カズが凄い件
イラストレーターのオガワヒロシさんに誘われて
イラスターズ.F.C(イラストレーターのフットサルチーム)の11人制サッカーに参加しました
フットサル歴は長い私ですが、サッカーは20年程前に一度やったきり
不安を抱えながらの参戦です

場所は代々木公園サッカー場、お天気にも恵まれ、絶好のサッカー日和
で、集まったのは総勢50名!予想外の人数に急遽4チームに分け、試合をはじめました

それにしても広い!広すぎます
普段のサルコートとは全然違います!なんといっても土のグラウンド
なんか、どろんこになっていた小学校時代を思い出します

【初戦】
ディフェンダーをやりました、一度調子にのってサイドを上がっていったら、カウンターをくらい
戻ろうと思いましたが、戻りきれませんでした。これだけでもう心臓がいっぱいイッパイで
二度と上がらない固く心に誓いました

【2戦目】
ちょっと攻めたくなって、前目にポジションをとったら
パスを出した瞬間、足がもつれて転びそうになりました

【3戦目】
短時間ということで、やれば出来ると思い込み攻撃的に!
ゴール前のこぼれ玉を狙いましたが、味方と重なりお見合いになり
チャンスを潰してしまいました

「戻るのおっせーよ!」
「なにコロコロ転んでんだよ!」
「そこシュートだろうがー!」etc……


普段、日本代表やガンバ大阪の試合を見ながら、数々の罵詈雑言をかましている私ですが

ハッキリ言って、どうもスミマセンでした
90分間ハイパフォーマンスで動き回れる貴方達は超人です!

ちなみにKINGカズは同い年……

どんだけ凄いんだカズ……?。いや、俺がダメなのか。。。

author:小島トシノブ, category:サッカー, 16:33
comments(2), trackbacks(0)